読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇〇とか気にならなくなるくらい走りこめばいいんですよ

〇〇には好きなコンプレックスを当てはめよう!

https://park.gsj.mobi/program/show/27400

 

サンドリ聞き始めて1年くらい経ちました。最初こそ衝撃的だったけど、今となってはこれを聞かないとなんとなく日曜日が終わらない感じです。

タイトルはラグビー日本代表の畠山選手がゲスト出演した時に話していた事。ごもっともの一言だけど、たぶん実践できる人そんなにいないよね。「気にならなくなるくらい走りこむ」って具体的に何キロくらいなんだろう。

私もフルマラソンを来来月に控える身なので少しは走ったりするんですが、確かに走ってる最中にネガティブな事とか自分のコンプレックスについて考えるのはめっちゃ難しいです。ただそれは走ってる時とその後2時間くらいの間だけの話で、後はやっぱり通常運転になります。

それにしても走ったくらいで吹き飛んでしまうコンプレックスや悩みしか持ち合わせていない癖にそれらに1日や人生の殆どを支配されてるタイプの人間って一体なんなんだろか。愚かだ〜

 

このラジオなんですが、内容はほぼ下ネタと悪口です。爆笑させられたことも勿論沢山ありますが、時々よくこんな同じ内容でずーーっと笑っていられるなと思う事もあります。要するにすごくこう、男の子ならではの感じなんです。「包〇アナ〇〜〜〜〜!!ギャハハハハハ!!」みたいな少年のノリをそのまま成長させて電波に乗せてる風。

そんなラジオを聴くたびに思うのが、「ああやっぱり男に生まれたかったなあ…いいなあ男楽しそうだなあ…」という事。女だって下ネタと悪口は言うけど、どれも自分の経験に基づいた本気の話になってしまうので。経験がないとコミュニケーションとれないので。単語を基に昔と同じテンションで笑う事とかあいつはモテてムカつくみたいな気持ちをストレートに表現して笑いをとるのって男の人ならではじゃないですか?違うのかな?

いくつになっても子どもの部分を持ち合わせてるよ〜みたいなのが許されてるのは本当に楽しそう。今更だけど。

 

こういう事を小さい頃からずっと思ってました。その辺の男性よりも頭が切れるタフな女性が存在するのは知ってるけど自分はそうじゃないし、女性も自立する時代なのは知ってるけど世の中のルールを作っているのは男側だからそれは「男のルールの中で自立する女性」という事だし、何より時代とか制度に関係なく女が男に物理的な力で勝る事ってあんまり無いと思うし。力一杯殴られたら多分普通に怪我をするし。

なんか男、生まれながらにして遊びもルールも力も全部主導権持ってるなあ、いいなあ〜!というのが私の長年の考えだったんです

 

東京タラレバ娘が流行ってますね。ドラマに関しては「とはいえ吉高由里子榮倉奈々大島優子も綺麗すぎて参考にならん」という気持ちですが、それよりもどの雑誌を読んでいても東村アキコさんが出てくる現象が凄かった。色んなインタビュー記事を読みましたが、その中で印象に残ったのは「タラレバ娘の裏テーマは『自分の事ばかり考えている女の子』です」という一文。

なるほど、結婚や出産というのは女にとって人生のリングから降りる事でもあるんですね。勿論頑張らなきゃいけないことはそれからも沢山あるけど、ひとまず自分のためだけの人生だったのが誰かのための人生にもなるという意味で。結婚は女の幸せだという説明は少しも納得出来ないけど、主役じゃなくなる(気が楽になる)というのはとてもわかる。働いていようが働いていなかろうが、一女性としてのあり方を問われる機会は色んな意味でぐっと減る。今後変な男に捕まる心配も職場で嫌な上司に品定めされるような気分になる事もないっていうのはやっぱり楽な気持ちになれそうだ。

一方男性は人生のリングから降りる機会があんまり無い。社会にしっかりとした居場所を持っている分、絶対にそこで頑張る事が女性よりも強めに求められている様な気がしてならない。実際、社会の中での挫折を極度に恐れている男性って結構いる気がする。だから十円ハゲ作るまで働いたり鬱になって休職したりする事があるのかな。自己啓発本やビジネス書も男性向けのものの方が多く目につく。

働く女性にはこういう事が起きないとか苦労がないとかじゃなくて、なんとなく男性の方が無理する事を是とされている空気があるというか…。

いくつになっても子供心を忘れない(忘れられない)という事はいくつになっても人生の主役を張るという事でもあり、そこにはどうしても圧が生じるのかもしれない。

 

なんだ男の人もめっちゃ大変そうじゃん。なんでお互いにもっといい感じで生きられないんだ。

怖いのが今まで書いた話の中にいっこもしなきゃいけない事がないって事ですね。結婚も出産もしなくてもいいし男だからって仕事頑張んなきゃダメなわけでもないし、嫌なら別に逃げていいことばかりなのに大体の人はこういう事でがんじがらめになってるわけじゃないですか。私も。

 

そこで「走り込め」というアドバイスが生きてくるのかもしれないですね。何も気にならなくくらい走って、走れたとして、性別含む色んなしがらみは超えていけるんでしょうか?